MCCXF-IFO PROJECT
Initial Financial Offering
MCCX TOKEN GENERATION EVENT

MCCXは広告マイニングを通じて

会員と加盟店の間に実物の価値を与えて、


セキュリティカラーコードを適用した

ゴーストウォレットの保安ソルーションを基盤として

クリプトバンクシステムとフィンテク事業分野へ展開する


戦略的資産化の価値を追求する暗号通貨です。

한국어 페이지

MCCX STRUCTURE

MCCX事業構造

ホワイトペーパーを読む

 MCCX 백서 내용보기 

  View English Ver  

GHOST WALLET = CRYPTO BANK

ゴーストウォレット(安全資産プラットフォーム)

ゴーストウォレットは乱数値の中で一回性カラー暗号化コードを基盤として、トランザクション追跡を通じたハッキングを防ぐ、保安性を強化したマルチ暗号通貨財布で、クリプトバンクシステムの核心プラットフォームです。

ユーザーのスマートフォンのタッチパネルに物理的なパターンを直接入力して作られたユーザー中心のコード生成方式を通じて保安を強化して、その応用範囲を暗号通貨から始め、一般のフィンテク決済市場まで分野を拡張しています。

FINTECH = GHOST PAYMENT

ゴーストペイメント(次世代のフィンテクシステム)

ゴーストペイメントは一回性限度決済方式の、次世代フィンテクシステムです。

 一回性カラーコードでユーザーが保安コードを直接作る新しい概念の保安方式「P2P決済システム」で(個人間取引)、取引時のみユーザーが決済金額のみを入力して一回性カラーコードを生成し、安全に決済する方式であり、超過決済や加盟店の誤決済を根本的に防止します。

ゴーストペイはモバイルペイからオフライン(実物)カードへ連動され、世界中の加盟店で使用できるように進行しています。

MINING COLOR CODE APP

広告採掘アプリケーション

マイニングカラーコードアプリケーションは暗号通貨のマイニングと、広告リワードプログラムが結合したユーザーを中心とする新たなリワードシステムです。

スマートフォンを通じてユーザーが直接広告を見て報酬をもらうリワードアプリケーションであり、実際に暗号通貨へ交換できる新しい概念のリワードマイニングアプリケーションです。

広告視聴を通じてもらうリワードポイント「MCCT」は、ゴーストウォレットを通じて「MCCX」へ交換できて、MCCXは安定かつ持続的な価値の上昇を作っていきます。

STARLIGHT COMMUNICATIONS AD

スマートフォン基盤の広告主プラットフォーム

スマートフォンを基盤とする広告主プラットフォームの「スターライト・アド」は、マイニングカラーコードアプリケーション(MCCアプリ)と連動します。

MCCアプリのバナーはコミュニケーションの場であり、個人事業主の広告をスマートフォンのユーザーへ100%リアルタイムでお届けします。

バナー広告の種類はクーポン型、リンク型、電話番号型、アプリケーションインストール型があり、位置基盤の(GPS)広告を行っています。広告主は直接バナーを登録したり、テンプレートを使うことで、簡単で短時間に広告用バナーを作ることができます。MCCXの生態系は実際のユーザーを通じて拡張します。

ES PROJECT <ENERGY SAVER>

自営業者の電気節減プロジェクト

「エコ・セイバー」はたった一回の設置で実践的に環境運動を実現できる非常に強力な道具です。 

 電圧の変動なしで力率を改善し、無効電力と高調波を除去して電力の品質を 向上させ、電気料金の節減という実質的なサポートと共に炭素低減、店舗内の家電製品の寿命延長等、付随的な効果が期待できます。

詳細を見る

AOP 3.0 <AIR CLEANER FOR FUEL REDUCTION>

新しい概念の燃料節減プロジェクト

Auto Oil Project 3.0は大気環境の改善と燃料の節減を目的としたMCCの大規模親環境プロジェクトです。

 運輸会社との信頼関係を元に、燃費節減システムを無料で適用した後、燃料節減費用を収益シェアする形の収益転換プロジェクトであり、現在1万6千台分のバス・トラック・タクシー等と進行契約を済ませております。 

詳細を見る

MCCX MEDIA-NEWS

[中央日報ライフトレンド記事](韓国語)

ユーザー中心の決済情報分散システムがブロックチェーンの未来を左右

[ブロックチェーンタイムズ記事] (韓国語)

フォビインドネシアが選んだゴーストウォレット

[ブリッジ経済記事](韓国語) 

クリプトバンクシステム、暗号通貨金融に新たなパラダイムを提案

[中都日報記事](韓国語) 

クリプトバンクシステム、MCCXグローバルプロジェクトにて新しい仮想通貨のシステムを見せる

MCCX TOKEN DISTRIBUTION MATRIX

TOKEN SALE DETAIL

* MCCX SALEは期間による販売ではなく、「購入金額」による「限度数量」販売で行います。

* 数量算定の際、BTC金額は入金時の市価を基準に策定されます。

* SALE金額帯ごとの数量がなくなる次第、当SALEは締め切らせていただきます。他の区間を行ってください。

* LOCK UPは全体段階から毎月10%ずつ自動解除されます。

「MCCX購入日」により、上場時のLOCK UP解除日は個人により異なります。 

例)2019年4月1日に上場、 

 -2月1日購入者は4月1日に10%が自動で解除、 毎月10%ずつ同じ日付にLOCKが解除 -2月15日購入者は4月15日から10%ずつLOCKが解除、販売日が集中されることを防止 ただし、 機関は上場日から6ヵ月以降10%ずつ解除、

Angelは上場日から3ヵ月以降10%ずつ解除 


* 上場前まで未販売のものは焼却します。

MCCX TOKEN ECO SYSTEM

MCCXトークン生態系

MCCX ROAD MAP

MCCX IFO参加希望フォーム

参加をご希望の方は、メールアドレスや連絡先を

記入していただきますとご連絡いたします。

MCCX IFO参加確認フォーム

MCCXF IFOに参加し、

送金したBTCの数量と転送記録を送っていただきますと

確定MCCX個数をE-mailでお伝えします。

(1~2営業日が所要されます。)


(1) 下記のビットコインの住所にBTCを送金

(2) お名前とお電話番号、メールアドレスと共に送金記録(TX ID)をコピーし、

       下記のフォームに貼り付けてください。


3Ni8jSaoj5TugtHoiaF5RDWXLQKQ4N5NXz


39rYqDjqBBJVHM5bNDLVis7Xir9ApMRMmh


暗号通貨(Cryptocurrency)は法廷貨幣ではありません。 

他の投資資産に比べて価格の変動幅が大きいため投資のリスクが高いです。

暗号貨幣への投資判断に対する責任はご本人にあるので、客観的で慎重に考慮してから投資をお願い致します。

© 2018 MCCXF - IFO

MCCXF-IFO PROJECT

MCCXF-IFO PROJECT